スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Jog

 2012-04-28

Nikon D300+SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM / RAW / SILKYPIX

カタクリの密林をぴょこんぺたんぴったんこ。
ニホンアマガエルがお目覚めの運動中。

思いのほか元気いっぱいで悪戦苦闘。


Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX



Nikon D300+SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD / RAW / SILKYPIX


Time is tickin' away


スポンサーサイト
タグ :

Fluffy

 2012-01-05

Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX

ふわりふわり、風の吹くまま。
さてと、果たしてどこへ飛ばされるのやら・・・。
タグ :

山のお花

 2011-07-26

Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 +PL / RAW / SILKYPIX

残念ながらハクサンコザクラの盛りはもう過ぎていた。
奥にボケて見えてるのはミヤマキンバイでしょうか。



Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 +PL / RAW / SILKYPIX

ネバリノギランでしょうか。




Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 +PL / RAW / SILKYPIX

ヤマオダマキでしょうか。




Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX

チングルマでしょうか。



Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX

コツガザクラでしょうか。


山のお花は小さいのがたくさん一斉に咲いててかわいいですね。

Time is tickin' away
タグ :

Vegetables?

 2011-05-11

Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX

花が落ちたらチンゲンサイ。
ミズバショウって野菜っぽい。

豪快な群落よりも、ぽつりぽつりと咲いているほうが好き・・・かな。
タグ :

Katakuri

 2011-04-24

Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX

英名でもKatakuri(カタクリ)って言うらしいです。
いよいよ見事なカーペットの時期です。
桜より好きなんだよね、ちょっとうす暗い感じ林床の雰囲気と斜めに差す太陽の感じ。


Nikon D300+SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM / RAW / SILKYPIX
タグ :

七竈

 2010-10-07

Nikon D300+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro / RAW / SILKYPIX

ナナカマド。
山の秋の真っ赤っかの代表です。

7回竈に入れても燃えないとか、これで作った器は7回竈が壊れてもまだ使えるほど長持ちするとか。
備長炭の材料としても極上なんだそうです。
タグ :

A light color

 2010-04-11
201004118791_R
Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX


201004118794_R
Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / RAW / SILKYPIX


ショウジョウバカマとカタクリが入り乱れて咲き始めてました。
ここから少し登ると、まだ積雪が1m以上あって、行き場のなくなった冬がまだ春の気配と戦っています。
タグ :

冬芽

 2009-12-22
200912207452
Nikon D300+SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM / PL / RAW / SILKYPIX

春までまだまだ先は長そうです。

【冬芽(とうが)】
秋になって葉が落ちる落葉広葉樹は、冬の間は葉がつきませんが、その準備はできています。よく観察すると、秋、木の葉が落ちた後、小さな芽ができていることに気がつきます。けれども、このような枝を切って温室の中に入れておいても芽は開いてきません。
 落葉樹の枝にある芽は、ただ寒いからというだけではなく、ある決まった期間は休眠しなけれならないのです。そして休眠の期間は植物によってそれぞれ違います。この秋から冬にかけての木の芽のことを冬芽(とうが)といいます。
 この冬芽は、硬く厚い毛や「うろこ」でおおわれていたり、ねばねばした分泌物を出したり、いろいろな守られ方をしていますので、冬の間どんなに寒くても中の幼い花や葉は安全です。
 冬芽は、暖かくなって霜や雪の心配のない頃になると、だんだん膨らんできて、それまで芽を包んでいた周りのおおいが離れて落ち、中から美しい花や若葉が伸びてきます。

<しまねの林業普及 みどりの質問箱より引用>
タグ :

黄葉

 2009-11-05
200911036890ブナ林
Nikon D300+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM +PL / RAW / SILKYPIX

黄色く染まるブナも綺麗だなあ・・・。
林床に積もる白と紅葉のコントラストも綺麗だが、
白と黄色だとしっとりした感じがする。
タグ :

変身中

 2009-09-28
200909276071
Nikon D300+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1+PL / RAW / SILKYPIX

変身中です。
見ごろまでもうしばらくお待ちください。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。