スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本海

 2007-11-24
日本海


先日の出張からの帰りに波を浴びながら撮ってみました(笑)
例年よりもひと足早く冬を連れてきた寒波のおかげで、日本海は大荒れでした。
西からの強い風、その風に煽られて荒れる海、砕けて飛ばされる波、黒い空と海…。
冬の日本海の典型的な風景です。
砕ける波の上をカモメが風に吹かれるままに宙を舞っていました。

2007.11.21
山形県、温海付近
Nikon D40+AF-S DX ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G
設定:絞り優先オート F5.6 1/1250 -0.3EV ISO800 WB:曇天
スポンサーサイト
タグ :

ヨモギハムシ

 2007-11-24
ヨモギハムシ交尾3


ヨモギハムシ 甲虫目 ハムシ科 Chrysolina aurichalcea
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

今回の寒波で初雪も日本海側特有の冬の西からの強風もあって、すっかり花の姿を見なくなりました。
花も無いんで虫もまったく飛んでいませんでした…が、ヨモギハムシだけは元気に交尾をしていました。
もう本格的な冬だというのにメスをめぐる争いがあちこちで見られました。
いったいいつまで見られるんだろう…。
それも観察項目としては面白いかもしれません。

2007.11.23
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F4.5 1/125 -0.3EV ISO400 WB:オート
タグ :

 2007-11-20
                     071119_1706~0001.jpg


今年は一気に寒くなりましたね・・・。
今日まで仕事で青森県は弘前に滞在していまして、明日帰るのですが、また今夜から雪だなどと天気予報でやってます・・・。
帰れるんでしょうか(笑)
じつは2005年末の大雪のときにも弘前に居まして、風邪ひいてエラい目にあった記憶があるんですが、今回も本当に寒いです。

2007.11.19
青森県、弘前近郊
W52CA
設定:ワイド壁紙、通常撮影モード

ケータイも綺麗に撮れるもんだなあ…。
タグ :

ツマジロカメムシ

 2007-11-20
ツマジロカメムシ


ツマジロカメムシ カメムシ目 カメムシ科 Menida violacea
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

もうすっかり花の数も減ってきて、紅葉も進んで、なんとなく淋しくなってきた林道沿いにこの花(なんて花でしょうかね?)が1株だけ咲いていました。
これは虫が集まっているに違いないと思い近づいてみると、ツマジロカメムシが乗ってました。
あとはハエと小さい黒いアブやハナグモなんかも乗っていて、少ない花の取り合いになってるような感じでした。

このカメムシは紫がかった金属光沢で腹部周縁の縞模様と背中の白点・・・すごく綺麗なカメムシでした。

2007.11.10
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F6.3 1/500 -0.7EV ISO800 WB:オート
タグ :

ミカドガガンボ

 2007-11-20
ミカドガガンボ


ミカドガガンボ ハエ目 ガガンボ科 Ctenacroscelis mikado
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

雨のあと、流水がある湿った林の中を飛んでいました。
デカかったです・・・。
雨のあとなので虫は日向に出てくるのではないだろうかと思って歩いていたんですが、こういう虫は湿った環境、薄暗い環境を好むんでしょうね。
日本最大のガガンボだということですが、ガガンボにもそんなに何種類もあったことが驚きです。
後翅が退化して痕跡化しているのがよくわかります、これがハエ目(双翅目)の特徴で平均根というバランス器官なんだそうです。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F4.5 1/200 -0.7EV ISO800 WB:オート
タグ :

オオハナアブ

 2007-11-15
オオハナアブ


オオハナアブ ハエ目 ハナアブ科 Phytomia zonata
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

真っ黒い胸部が目立つ、花から花へとあっちへ行ったりこっちへ飛んだりと急がしそうな虫でした。
てっきりクマバチ類かと思って居たんですが、いざ撮影しようとすると、アブであることを主張するような複眼が・・・。
これも気にしたことが無かったんではじめて見たような気がしますが、これまでクマバチだと思ってたうちの何割かはアブだったりするのかもしれません。
撮影を始めてから初めて気が付くことの多いこと多いこと。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F6.3 1/500 +0.7EV ISO800 WB:オート
タグ :

ハラナガツチバチ

 2007-11-11
ハラナガツチバチ


ハラナガツチバチ ハチ目 ツチバチ科 Campsomeris schulthessi
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

すっかり寒くなってきて、数も少なくなった花に大きなハチが止まっていたんで撮ってみました。
たまたま飛び立つ瞬間が撮れたんですが、残念ながら触覚が切れてしまいました。
最初は大きさと胴の長さからミツバチ類の女王かな?と思っていたんですが、調べてみるとハラナガツチバチという種類だろうとわかりました。
さすがにこの時期にミツバチ類の女王なんか外をウロウロしてるわけ無いですね(笑)
名のとおり胴がとても長いハチです。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+AF-S DX ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G
設定:絞り優先オート F5.6 1/1250 0EV ISO400 WB:オート
タグ :

ニトベハラボソツリアブ

 2007-11-10
ニトベハラボソツリアブ


ニトベハラボソツリアブ ハエ目 ツリアブ科 Cephenius nitobei
だと思うんですがスズキハラボソツリアブかもしれません・・・。

なんだかへんなガガンボみたいのが飛んでるな・・・と思ってじっくりみたら複眼がどっからどう見てもアブだったんで、『なんだこれは?』ということで撮ってみました。
図鑑でハラボソツリアブの仲間であろうとわかりましたが、スズキさんなのか、ニトベさんなのか判別できません。
さらに調べたところによると、外観では、触覚の長さと肢に入っている黄色い紋の大きさというか長さで判別するらしいんで、そこからすると、ニトベハラボソツリアブ・・・だとは思うんですが、合っているかといわれればさっぱり自信はありません。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F7.1 1/160 +0.7EV ISO400 WB:オート
タグ :

ホソヒラタアブ②

 2007-11-10
ホソヒラタアブ2


ホソヒラタアブ ハエ目 ハナアブ科 Episyrphus balteatus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

昨日と同じくホソヒラタアブの飛翔を撮影してみました。
ちょっとボケてますが、前回よりは大きく撮ることができました。
50mmのマクロレンズではこのくらい寄るのが精一杯ですね・・・。
飛翔を撮るとなると、100mmくらいないと難しいのかもしれません。

2007.11.10
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F2.8 1/640 -0.3EV ISO800 WB:オート
タグ :

キベリヒラタアブ

 2007-11-10
キベリヒラタアブ


キベリヒラタアブ ハエ目 ハナアブ科 Xanthogramma sapporense
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

フタホシヒラタアブやナミホシヒラタアブなんかによく似ていますが、胸側部に黄色い縦帯が入っています。
これまた綺麗なアブですね。
黄色味の強いヒラタアブは鮮やかな黄色と黒のコントラストがとても鮮やかで飛んでいても発見しやすい気がします。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F8 1/125 0EV ISO400 WB:オート
タグ :

ホソヒラタアブ

 2007-11-09
ホソヒラタアブ


ホソヒラタアブ ハエ目 ハナアブ科 Episyrphus balteatus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

昼前に日が差したせいかアブはけっこうたくさん飛んでいました。
花の周りをホバリングしながら花粉の味見をするヒラタアブを撮影することができました。
小さなアブ類の羽ばたきってどのくらいのスピードなんでしょうかね?
ほとんど翅が写ってませんね・・・。

2007.11.09
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先モード F5 1/640 ISO:400 WB:オート
タグ :

ゼグロアオズキンヨコバイ?

 2007-11-09
セグロアオズキンヨコバイ


セグロアオズキンヨコバイ カメムシ目 ヨコバイ科 Trocnadella suturalis
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

標高700mくらいでしょうか、滝の近く湿度の高い場所に生えたシダ類に付いていました。
ツマグロヨコバイに雰囲気は似ていたんですが、色合いがなんとなく違ったのと、ずいぶん大きかったんで違う種類ではないかと思い調べると、どうやらセグロアオズキンヨコバイのようです。
小盾板がご機嫌ななめな子供の顔のようにも見えますね(笑)
体のわりに後肢がずいぶん発達してますね・・・バッタみたいだ。

2007.11.04
妙高市、関
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先モード F5 1/200 ISO:800 WB:オート
タグ :

クロスズメバチ

 2007-11-05
クロスズメバチ


クロスズメバチ ハチ目 スズメバチ科 Vespula flaviceps
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

モンスズメバチを撮影していたら、傍らの紫陽花の葉に黒い虫が止まっていたので近づいてみたらクロスズメバチでした。
名前と風貌は知っていましたが、実際に間近で見たのは初めてかもしれません。
思ってたより、ぜんぜん小さいんですね・・・。
でも先日、クロスズメバチの集団に襲われた人的被害のニュースをどこかで見ました、やっぱりスズメバチと名が付くだけあって怖いんですね。
クロスズメバチはとにかく腹部の白線が鮮やかで綺麗でした。

2007.11.04
妙高市、赤倉温泉
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F5 1/320 +0.7EV ISO800 WB:オート
タグ :

モンスズメバチ

 2007-11-04
モンスズメバチ


モンスズメバチ ハチ目 スズメバチ科 Vespa crabro
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

温泉場のちかくの草むらで盛んになにか飛び回っていたのでクルマを降りて見に行ったらモンスズメバチがたくさん飛んでいました。
オオスズメバチと違い圧倒的な存在感みたいなものはありませんでしたが近づくのはやはりちょっと怖いですね・・・。
この1匹に狙いを定めて撮影している最中も自分の周りを他のモンスズメバチがぶんぶん飛び回っていました。

スズメバチ類のフォルムはいつ見ても惚れ惚れするほどかっちょいいと思います・・・怖いけど。

2007.11.04
妙高市、赤倉温泉
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F5.6 1/500 -0.3EV ISO800 WB:オート
タグ :

シロテントガリヒメバチ?

 2007-11-04
シロテントガリヒメバチ


シロテントガリヒメバチ ハチ目 ヒメバチ科 Agrothereutes lanceolatus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

先日載せたイヨヒメバチにそっくりなんですが、産卵管(これはあればメス無ければオスって見分けちゃって良いんですかね?)があるのと、小盾板が白くないんで違うんではなかろうかと思い調べてみたところ、シロテントガリヒメバチではないのだろうかという結論に達しました。
合っている自信はありません・・・。

2007.11.03
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F5 1/60 0EV ISO400 WB:オート
タグ :

ヒゲナガルリマルノミハムシ?

 2007-11-04
ヒゲナガルリマルノミハムシ


ヒゲナガルリマルノミハムシ 甲虫目 ハムシ科 Hemipyxis plagioderoides
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

コガタルリハムシかなにかだと思って撮影してきたんですが、よく見たら後肢がやけに太い・・・。
それで調べてみたところノミハムシというハムシの仲間はこういうふうに後肢が太いんだそうです。
ヒゲナガルリマルノミハムシではないかとは思うんですが、調べてみると、それにしてはちょっとスリムな気がします。
体長は5mmくらいだったと思います。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

2007.11.03
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F7.1 1/80 -0.3EV ISO400 WB:曇天
タグ :

エサキモンキツノカメムシ

 2007-11-03
エサキモンキツノカメムシ


エサキモンキツノカメムシ カメムシ目 ツノカメムシ科 Sastragala esakii
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。


今日はわりとお天気が良かったんで布団を干したんですが、取り込むときに布団たたきでたたこうとしたら、娘の布団にくっついてました(笑)
このくらい特徴がはっきりしていると名前を調べるのも楽ちんで助かります。
背中のハート型の白斑にライトグリーンとイエローのボディ、そしてブラウンの翅。
どうやったら、どういう意味でこういう色になるんですかね?

発見してあわてて撮影したんで、背中だけしかしっかり撮れませんでした・・・。
肢やら頭部やらは消えかかってます、だめだこりゃ。

2007.11.03
上越市内、自宅ベランダ
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F2.8 1/160 0EV ISO400 WB:オート
タグ :

ブチヒゲヘリカメムシ

 2007-11-01
ブチヒゲヘリナガカメムシ


ブチヒゲヘリカメムシ カメムシ目 ヒメヘリカメムシ科 Stictopleurus punctatonervosus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

図鑑やネットで調べると腹部周縁に見える黒と淡色の縞々模様が緑っぽかったり、黄色っぽかったりと個体差が大きいように思います。
スタンダードなのは薄い緑なんだろうかと思いますが、全体の見た目と腹部周縁の色あいについては個体差なんだろうと思いブチヒゲヘリカメムシとしてみました。
しかしカメムシは種類の多さと同定の難しさったらないですね・・・。

2007.10.28
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F2.8 1/320 -0.3EV ISO400 WB:オート
タグ :

×オオモンシロナガカメムシ⇒○ブチヒゲクロカスミカメ

 2007-11-01
オオモンシロナガカメムシ


2007.11.03訂正
オオモンシロナガカメムシ カメムシ目 ナガカメムシ科 Metochus abbreviatus
ブチヒゲクロカスミカメ カメムシ目 カスミカメムシ科 Adelphocoris triannulatus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

まだ虫の撮影を始めて間もないんで、カメムシは見つけるたびに初めて見る種類である確率が高いです。
これはアムールシロヘリナガカメムシに似ていましたが、どこか雰囲気が違っていたので撮ってみました。
オオモンシロナガカメムシで合ってるのかといわれれば自信はありません・・・。

その後いろいろ調べてみましたが、ブチヒゲクロカスミカメのような気がしてなりません。
しかし、どの図鑑でもネットで調べても載っている写真では複眼が赤いところが、この写真のカメムシとは違っています。
全体のフォルムや腹部の前翅先端付近の紋、触覚の白斑はブチヒゲクロカスミカメで間違いなさそうです。

難しい・・・。

2007.10.28
上越市内
Nikon D40+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F2.8 1/200 -0.3EV ISO800 WB:オート
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。