スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ハマベハサミムシ

 2008-04-30
20080419ハマベハサミムシ

ハマベハサミムシ 甲虫目 マルムネハサミムシ科 Anisolabis maritima
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

どこにでも居るハサミムシ。
越冬個体だろうか、左前脚は腿節を残し脛節より先は飛び、左触角も根元を残すのみ。
右前脚も有るのか無いのか・・・。
自慢のハサミも角は落ちている。

それでも動きは止めない。
黒光りする鎧のような胴体とその生への執念にしばし見入る。

しばらく後には姿を消していた。
無事にどこかへと辿り着いたのか、それともカラスに食われたか・・・。

2008.4.19 新潟県 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート マルチパターン測光 1/250 秒 - F/11 -0.7EV ISO320 晴天 -1

スポンサーサイト
タグ :

原風景

 2008-04-27
20080427松代棚田


新潟県は松代というところに広がっていた、日本の原風景と言われる(らしい)景色。
水を張った棚田に、桜が映る。
たまたま通りがかったら、三脚がぶわーっと並んで居たんで、何事かと思って覗いてみたら、全国各地から撮影に訪れた皆々様がここを狙ってらっしゃいました。

こっちはD80手持ち、しかも便利レンズ。
若干の引け目と視線を感じつつ撮ってみました。

日本の原風景がこんなものだったのか、何を持ってこれを原風景とするのかはよくわかりませんが、たしかに、なんともいえない感じはあった。

2008.4.27 松代
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO+PL
絞り優先オート マルチパターン測光 1/320 秒 - F/5 -1.3EV ISO400 晴天 -1







おまけ。
20080427ウサギのコーナー

とある公園の動物ふれあいコーナー。
ウサギのコーナーにあった、ウサギの型抜きをしたコンクリート壁にガキが嵌って遊んでた。
奥に見えるウサギを抱いた可愛い女の子との対比が面白かったんで撮ってみましたよ。
2008.4.27 
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO
絞り優先オート 中央部重点測光 1/320 秒 - F/8 -0.7EV ISO320 晴天 -1
タグ :

アカハネムシ

 2008-04-26
20080426アカハネムシ2

アカハネムシ 甲虫目 アカハネムシ科 Pseudopyrochroa vestiflua
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

くすんだ赤の前翅がかっちょいい渋いやつ。
しかし、この触覚はずいぶんとまたエラそうだ。

この赤と黒のコントラストは、毒を持ったベニボタルを擬態しているらしい。
だが私は、肝心のベニボタルを見たことが無い・・・。
図鑑で見ると、触角までそっくりだ。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート 中央部重点測光 1/200 秒 - F/9 -0.7EV ISO640 晴天 -1




20080426アカハネムシ

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート 中央部重点測光 1/320 秒 - F/8 -1.0EV ISO320 晴天 -1
タグ :

シダヨコバイ

 2008-04-26
20080426シダヨコバイ

シダヨコバイ カメムシ目 ヨコバイ科 Japanagallia pteridis
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

小っちゃい(体長5mmくらいだった)くせに、いっちょまえにセミそっくり。
そもそも、ヨコバイとかアワフキはセミに近い仲間らしいですけど。
こうやって大きく撮ると、木に止まるセミみたいですが、本当は細い茎に止まるヨコバイです。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート 中央部重点測光 1/250 秒 - F/8 -1.0 EV ISO320 晴天 -1
タグ :

クマバチ

 2008-04-26
20080426クマバチ

クマバチ 膜翅目 ミツバチ科 Xylocopa appendiculata circumvolans
(コシブトハナバチ科と分類してあるものもあるようです)だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

ぶんぶんぶんぶん爆音を響かせながらホバリング。
でっかい体に小さな翅。
ちょっと前までは「航空力学的に、飛べるはずのない形なのに飛べている」とされ、その飛翔の仕組みが謎だとされていたそうです。

定位置でホバリングしているのに、レンズを向けると移動する。
レンズの反射化なにかで、異変でも感じ取ってるんでしょうかね。
何度トライしてもこの程度しか撮れませんでした、はい。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート スポット測光 1/160 秒 - F/9 -1.0 EV ISO160 晴天 -1
タグ :

同化

 2008-04-26
20080426ヤブキリ幼虫

ヤブキリの幼虫 バッタ目 キリギリス科 Tettigonia orientalis
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

伸びに伸びたスギナのジャングル。
なにやら居るようだ、動いたようだ・・・やっと見つけた犯人。
擬態をしているのかわからないが、レンズを向けようが迫ろうが動かない。
小さいのと、背景と色が同じなのでなかなかピントが合わない。
あっ!っと思ったら、びよーんって飛んでどこかへ消えた。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート マルチパターン測光 1/250 秒 - F/8 -0.7 EV ISO 200 晴天 -1

タグ :

ギフチョウ

 2008-04-26
20080426ギフチョウ

ギフチョウ チョウ目 アゲハチョウ科 Luehdorfia japonica
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

海から一気に山になる林道を車で走っていたらギフチョウのようなものが飛んでいたような・・・。
目的地に到着するとやはりさっき見かけたのはギフチョウであったことを確信する。
ギフチョウが飛んでた。
以前撮ったギフチョウとは地形も植生もまったく違う場所、まさかこんなところに居るとはね・・・。

やっとのことで止まってくれた。
どうやら少し高くなってきた太陽に体を晒し、体温をあげているんだろう、翅まで開いてくれた。

もっとでっかく撮りたかったんだが・・・。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO
絞り優先オート スポット測光 1/800 秒 - F/9 -1.0 EV ISO 160 晴天 -1
タグ :

ハナアブの仲間

 2008-04-26
20080426アブ

ハナアブの仲間 双翅目 ハナアブ科
これといって特徴の無い黒光りするハナアブ。
似た種類がたくさん居て、そういうのを分類するには、翅の支脈まで観察して判断するらしい。
無理だ・・・。

背中を掻いているようだが、本当は翅に付いた花粉なんかのお掃除中。
しかし、後脚で器用なもんだ。

2008.4.26 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート マルチパターン測光 1/500 秒 - F/10 -1.0 EV ISO 200 晴天 -1
タグ :

初夏

 2008-04-26
20080426名立-立山


雨が降っても暖かい。
雨が上がれば初夏の陽気。

冬は白濁し緑がかった日本海もだいぶ夏の青になってきた。
それでも山は雪を湛える。

海の青と夏の緑と山の白。
眼下に見える棚田の田植えが終わったころに、もっかい行こう。

どうにもレンズを何本も持ち歩くのが億劫になって、便利レンズを買ってみた。
AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO
1本で18mmから250mmまで使えるのはたしかに便利だ。
しかも最大倍率1:3.5、全域で最短撮影距離45cmとけっこう寄って撮ることもできる。

が…全域でけっこう歪みも強いのね(笑)
便利レンズだと思えばそれはそれでかまいませんが・・・。

2008.4.26 新潟県内
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO+PL
絞り優先オート マルチパターン測光 1/320 秒 - F/5.6 -0.3 EV ISO 100 晴天 -1
タグ :

雪解け

 2008-04-20
20080420ミズバショウ2


雪解けが林の中に湿地を作り、冷たい水に咲くミズバショウの大群落。
山にも春がやってきた。

2008.4.20 新潟県 妙高市
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1+PL
絞り優先オート F11 1/80 -1.0EV ISO200 WB:晴-1





20080420ミズバショウ1

清冽な雪解け水とミズバショウを夕日が照らす。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1+PL
絞り優先オート F3 1/400 -1.7EV ISO200 WB:晴-1





20080420スイレン

雪解け水がそそぎ込む池には早くもスイレンが葉を伸ばし始めていた。

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
絞り優先オート F4 1/100 -1.0EV ISO200 WB:晴-1
タグ :

お百度カウンター

 2008-04-20
20080420善光寺2


聖火リレーの国内スタート地点拒否で何かと話題の善光寺。
お堂や門前の風景や様子は、他所で色んな方々が撮って紹介していることだろうから、そちらで(笑)

最も私の興味を引いたのは、お百度参りの数取り。
お百度参りでどれだけ参ったか忘れないよう、石柱に仕込まれた算盤の珠みたいのを目印にするんだろう。
言わば、お百度カウンター。
いったいどのくらいの人々がこれを弾き願ったのだろうか・・・。

佇まいがものすごくかっこいい。

2008.4.20 長野県 善光寺
Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
絞り優先オート F3.2 1/400 -2.3EV ISO100 WB:晴-1
タグ :

亀とスッポン

 2008-04-20
20080420カメ


「月とスッポン」というのは聞いたことがあるんだ、「亀とスッポン」というのは、ついぞ聞き及ばぬ。
だが、それは存在した。

日向ぼっこしているカメは全部ミシシッピアカミミガメ。
いわゆる、ミドリガメ。
おそらく、古よりここに住み着いていたクサガメやらイシガメは、心無き人が放流したミドリガメに駆逐されてしまったんだろう。
そして、その図々しさと言おうか、ふてぶてしさと言おうか、スッポンを踏み台にして甲羅干し。
スッポンも肩身が狭い。

2008.4.20 長野県 善光寺
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F4.5 1/800 -0.7EV ISO100 WB:晴-1
タグ :

×アカシマサシガメ⇒○クロクビアカサシガメ

 2008-04-19
20080419アカシマサシガメ2

アカシマサシガメ 半翅目 サシガメ科 Haematoloecha nigrorufa
どうも、前胸の前半部が真っ黒なのが気になってよくよく調べてみたら・・・
クロクビアカサシガメ 半翅目 サシガメ科 Haematoloecha delibuta では無かろうかということで修正です、間違ってたら教えてください。

ホソハリカメムシも撮ったし、クロウリハムシも見つけたし・・・と車に戻ろうとぶらぶら歩いていたら、大きな杉の木の根元付近になにやら動くが目に入った。
成虫越冬して産卵するらしいんで、これも越冬個体だろう。

しかし、なんちゅう色だ。
あまりにも鮮やかな赤に見入ってみたり。

2008.4.19 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/125 -0.7EV ISO320 WB:晴-1



昆虫の色使いってすごいな・・・。
しかも赤と黒の縞々だもの。
20080419アカシマサシガメ

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/100 -0.7EV ISO320 WB:晴-1
タグ :

ホソハリカメムシ

 2008-04-19
20080419ホソハリカメムシ

ホソハリカメムシ 半翅目 ヘリカメムシ科 Cletus punctiger
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

わりと地味めなカメムシ。
稲なんかの穀物類を食害する嫌われ者らしい。
こんな色、姿のカメムシはどこでもよく見かけること思うんだが、同じように見えても種類が違ったりするんで、調べ始めると時間なんかいくらあっても足りない・・・。
またカメムシに振り回される(笑)

2008.4.19 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/320 -0.7EV ISO320 WB:晴-1
タグ :

ハエトリグモの仲間?

 2008-04-19
20080419ハエトリグモ2

ハエトリグモの仲間ですかね?
ご存知の方いらっしゃいましたら、おしえてください。

マメコバチがぶんぶん飛び交っていたところでカサカサと動き回っていました。
レンズを向けると、ずらりと並ぶ単眼でこちらをじーっと睨んでいました。
実物は1cmあるやなしやの大きさなんですが、こうやって撮るとタランチュラやなんかの超大型のクモみたいで、けっこうかっこいいもんだね。

2008.4.19 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/400 -0.7EV ISO320 WB:晴-1

タグ :

マメコバチ

 2008-04-19
20080419マメコバチ1

マメコバチ ハチ目 ハキリバチ科 Osmia cornifrons
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

なにやらぶんぶんとハチがたくさん飛んでいるなあ・・・どうもミツバチっぽいんだが、それにしちゃあ小さし、触覚も長いなあ・・・。
よく見ると、ミツバチのようでもあり、まったく違うようでもあり。
撮ってきて調べたところ、どうやらマメコバチというハチではなかろうか。

このハチ、社会生活はしない孤独性のハチだが、仲間同士が群れるというよくわからない習性を持つハチらしい。
ミツバチに比べ、活動温度も数℃低く、花の中に頭を突っ込むときにほとんど100%の確率で柱頭に接触するため、花から花へ飛びわたることでの受粉効率はミツバチの6倍にもなるんだそうだ。

果樹農家の強い味方なんだね。
受粉の手伝い、がんばってくれたまえ。

2008.4.19 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/1000 -0.7EV ISO320 WB:晴-1





頭にこれだけ花粉くっつけて、あっちこっち飛び回ってるんだから、そりゃ果樹農家にとってはありがたいハチだ・・・。
20080419マメコバチ2

Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
絞り優先オート F7.1 1/1600 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1




20080419マメコバチ3

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F7.1 1/1250 -0.7EV ISO320 WB:晴-1
タグ :

クロウリハムシ

 2008-04-19
20080419クロウリハムシ

クロウリハムシ 甲虫目 ハムシ科 Aulacophora nigripennis
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

やっと甲虫が出てくる季節を迎えましたか・・・。
すごく小さいんだが、頭部と腹部が鮮やかなオレンジで、けっこう好きな虫。
どこにでも居るし、見かける期間も長い、瓜類を食害するんで農家の方々には嫌われ者。

飛翔中は腹部のオレンジがよく見えて綺麗なんですけどね。

2008.4.19 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F7.1 1/640 -0.7EV ISO320 WB:晴-1
タグ :

モンシロチョウ

 2008-04-17
20080413サナギ

モンシロチョウ チョウ目 シロチョウ科 Pieris rapae のサナギ
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

菜の花畑の近くの建物(茅葺木造の里山農家風)の壁と柱の角っちょにひっそりと。
この姿で降り積もる雪も、吹きすさぶ季節風も、凍える氷も乗り越えてきたんだろうか・・・。
小さく頼りないように見えるが、その逞しさを思うとモンシロチョウとて馬鹿にはできない。

撮影してから4日、雨は降れども気温は高い。
もうパカっと割れて飛び立っただろうか・・・。

2008.4.13 新潟県 福島潟
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/250 -1.0EV ISO400 WB:晴-1
タグ :

ニホンミツバチ

 2008-04-13
20080413ニホンミツバチ1

ニホンミツバチ ハチ目 ミツバチ科 Apis cerana
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

2008.4.13 新潟県 福島潟
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/1000 -0.3EV ISO200 WB:晴-1




20080413ニホンミツバチ2

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/1000 -0.3EV ISO200 WB:晴-1


とにかく忙しそうに、あっちへぶんぶん、こっちへぶんぶんと花粉だらけになりながら働いてました。
ごくろうさま。
タグ :

ヒメバチ

 2008-04-13
ヒメバチの仲間 ハチ目 ヒメバチ科 の仲間ではなかろうか。
撮影時に見た感じでは、イヨヒメバチのように見えたんですが・・・。
上手く撮れなかったため写真での判別は困難なんで、ヒメバチの仲間ということで。

20080413ヒメバチ2

2008.4.13 新潟県 福島潟
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/1250 -0.7EV ISO200 WB:晴-1





20080413ヒメバチ

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F8 1/1250 -0.7EV ISO200 WB:晴-1


花粉まみれでなんだかよくわからないが、触覚の黄帯はしっかり見えている。
イヨヒメバチじゃないのかな・・・。
タグ :

ユスリカの仲間

 2008-04-13
ユスリカ ハエ目 ユスリカ科 の仲間
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。


菜の花にこれでもかと群れていました。
なんでもユスリカの仲間は日本だけでも数100種類とも1,000種類以上とも言われるらしいんで、これ以上細かく調べる気が失せました。

20080413ユスリカ1

2008.04.13 新潟県 福島潟
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F11 1/250 +0.7EV ISO200 WB:晴-1





20080413ユスリカ2

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F9 1/320 -0.3EV ISO200 WB:晴-1


ユスリカってこうやってよく見ると前肢をすごい角度で使ってとまるんですね・・・。
タグ :

菜の花

 2008-04-13
だいこんではなく、本物の菜の花です。
新潟県は新潟市の北部、福島潟というオニバス自生の北限とされている大きな湿地を持つ潟湖。
その湖畔に菜の花畑が広がっているということで訪れてみました。

到着と同時に目に染みるまっ黄色と鼻をつく菜の花のにおい。
ジーパンもスニーカーもカメラのストラップも花粉で黄色くなっちゃった。

20080413菜の花1

2008.4.12 新潟市 福島潟
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/2500 -1.0EV ISO100 WB:晴-1




20080413菜の花2

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F14 1/320 -1.0EV ISO100 WB:晴-1




20080413菜の花3

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F6.3 1/1250 -1.3EV ISO100 WB:晴-1
タグ :

蓮の池

 2008-04-12
休耕田を離れて少ししたら太陽が出てきたんで近くの蓮の池へ。
蓮の池の周りも桜が満開だった。

20080412湿地桜

2008.4.12 上越市内
Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
絞り優先オート F13 1/320 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1


蓮の池の一部は挺水植物の立ち枯れに覆われているが、桜が水面まで迫り出してところだけが、ぽっかりオープンウォーターになっている、面白いもんだ。




20080412アオサギ

アオサギ コウノトリ目 サギ科 Ardea cinerea
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
絞り優先オート F9 1/320 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1


アシやガマの立ち枯れに覆われた水中には、小魚や水生昆虫がたくさん居るんだろう。
ばっさばっさと大きな翼を広げて降りてきた。
しばらく観察していたら、そこここから魚が何かを吸い込む音が聞こえた。
きっとブルーギルが羽化したカゲロウでも食べているんだろう。




20080412ジョウビタキ♀

ジョウビタキ スズメ目 ツグミ科 Phoenicurus auroreus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
絞り優先オート F7.1 1/400 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1


ウグイスなんかもいたるところで鳴いていたんだが、なかなか姿は見せてくれない。
代わりにジョウビタキの♀だと思うが姿を見せてくれた。




20080412マガモ♂

マガモ♂ カモ目 カモ科 Anas platyrhynchos
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
絞り優先オート F6.3 1/400 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1


開けた水域にはマガモの♂が1羽だけ居残っていた。
どうやら周辺の住民がエサをくれるらしく、居ついてしまったようだ。
近くへこないかな・・・と思っていたら、お散歩していたおばちゃんが手をたたいて呼んでパンをあげていた。
『がー子ー!こっちおいでー!』
おばちゃん、がー子って・・・そいつ♂だよ。
タグ :

休耕田

 2008-04-12
家でうだうだダイコンを撮ってるのもどうかと思ったんで、どこかに虫でも居やしないかと出かけてみたら、雨上がりの休耕田が目に付いた。
虫はガガンボが飛んでるくらいだったんで、また虫を撮らずに終わった・・・。

20080412スギナ

2008.4.12 上越市内 休耕田
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F7.1 1/160 -1.0EV ISO200 WB:AUTO


スギナの林が水滴を纏って綺麗に光っていた。




20080412コケ

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F8 1/125 -1.0EV ISO200 WB:AUTO


畦に生える木の幹に取り付いたコケも芽を出していた。
コケの名前はわからない・・・。




20080412スイセン

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F8 1/500 -1.0EV ISO200 WB:AUTO


畦に咲くスイセン。




20080412オタマ カワニナ

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1+PL
絞り優先オート F4.5 1/100 -1.0EV ISO200 WB:AUTO


休耕田の用水路は手入れされていないのが良いのかどうかわからないが、カワニナがゴロゴロ、オタマジャクシがうじゃうじゃ居た。
市内中心部から遠くない休耕田にもこんなところがあったとは・・・。
しかし泥底なんで蛍が居るかはわからない。




20080412シュレーゲルアオガエル卵塊

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先オート F10 1/200 -0.7EV ISO200 WB:晴-1


なんだか白い物があるなと思って近づいてみると、何かの卵塊だった。
おそらくカエルだと思うが、モリアオガエルはこんなところに産まないだろう・・・。
他にこういうメレンゲ状の卵塊で産卵するカエルなんか居るんだろうかと思って調べてみたら、どうやらシュレーゲルアオガエルらしい。
そんなのまで居るのか・・・なかなかいいところを見つけた。
じつは、自宅から車で5分の場所だ。
これからもちょくちょく観察してみたい。
タグ :

Japanese radish

 2008-04-12
20080412ダイコン


Japanese radish フウチョウソウ目 アブラナ科 Raphanus sativus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

早い話がダイコンなんだけど。

家でうだうだしていたらキッチンに見慣れぬ小さな花がもうすぐ咲きそうな姿。
つぼみ、茎・・・と根元の方に目をやると、ダイコン。
家の中でダイコンの花が咲きそうなことに妙に感激して撮影してみたら、なかなかどうして可愛いもんじゃないですか。

なるほど、アブラナ科だけあって、咲いたらいかにも菜の花に似た様子な花であろうことが想像できた。

2008.4.12
自宅キッチン
Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
絞り優先オート F8 1/60 -0.7EV ISO200 WB:AUTO フラッシュ:i-TTL-BL 先幕シンクロ -0.3EV
タグ :

さくら

 2008-04-09
明日は雨らしい。
ここ数日の気温の高さで桜もだいぶ花開いたことだろう。
まだ満開ではないかもしれないが、撮影もしたいんで人が少ない今のうち、雨が降る前に・・・。

ということで日本三大夜桜で有名(?)な高田公園に行ってみた。

20080409夜桜1

暗くなってきた空に、ライトアップされて赤みを強く見せる桜。
八分咲きと言ったところか・・・しかし人はまだ少なめで撮影はしやすくて助かる。

2008.4.9
高田公園
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
設定:絞り優先オート F5.6 1/100 -2EV ISO800 WB:AUTO




20080409夜桜2

桜のトンネルがライトアップされていた。
どこまでも続く桜のトンネル。
本当は100mくらいしかない(笑)

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
設定:絞り優先オート F4 1/100 -2EV ISO800 WB:AUTO




20080409夜桜3

お堀に映る桜。
ここは夜桜撮影の人が並んでた…。
みんな豪気な三脚にでっかいデジイチ載っけて気合が入っていた。
私は相変わらず手持ち(笑)
さすがに夜桜撮影に手持ちは無謀だった気はするが、三脚を使わずに気軽にやりたい。
おかげでろくな写真は撮れませんでしたが・・・。

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
設定:絞り優先オート F2.8 1/13 -0.7EV ISO1000 WB:AUTO




20080409夜桜4

夜桜、お堀、赤い橋。
風情の完成か…

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
設定:絞り優先オート F2.8 1/4 +0.3EV ISO800 WB:AUTO
タグ :

ルリタテハ(裏)

 2008-04-07
20080406ルリタテハ

ルリタテハ チョウ目 タテハチョウ科 Kaniska canace
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

家の近くにある公園(公園というよりちょっと整備された野原)の少し奥にお墓がいくつかあるんだが、お墓の間をひらひらひらひら。
しかし、止まったと思っても一向に翅を開かない。
ちょっと近づくと飛んでしまう・・・。

ならばということで翅の裏側。
普通なら翅の表の紋様を撮りたくなるところだが、たまにはこういうのもありか。

翅の裏側も色味は地味だが複雑な紋様と色使いであることに気が付いた。
全体的に負け惜しみ・・・。

2008.4.6
上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
設定:絞り優先オート F3.5 1/2500 -0.7EV ISO200 WB:晴天-1
タグ :

ヒメアカボシテントウ

 2008-04-06
20080406テントウ

ヒメアカボシテントウ 甲虫目 テントウムシ科 Chilocorus kuwanae
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

甲虫をやっと見つけました。
長い長い冬がようやく終わったような。
小さいけど、黒光りする後翅・・・いいですね、堪りません。

クワなどに寄生するクワシロカイガラムシを食べるらしいですが、居たのは桜の木でした。

2008.4.6
新潟県 上越市内
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
設定:絞り優先オート F7 1/400 -0.3EV ISO200 WB:晴天-1
タグ :

ジョウビタキ

 2008-04-06
20080406鳥


ジョウビタキ スズメ目 ツグミ科 Phoenicurus auroreus
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

やっと芽吹き始めた紫陽花の株に忙しそうに出たり入ったりしてる鳥が見えたんで、出てくるのを待っていたら、胸が鮮やかなオレンジ色のちょっと小ぶりな鳥。
調べたところ初冬に中国とかそこらへんから渡ってくる鳥だそうだが、こんな小さいのに、長い旅じゃたいへんだろうな・・・。

2008.4.6
新潟県 妙高市
Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
設定:絞り優先オート F4.5 1/3200 -1.3EV ISO200 WB:晴天-1
タグ :

雪解け

 2008-04-06
本日は、昨年夏から秋にかけてちょくちょく訪れた砂防公園へぶらぶらと。
3月の初めに行ったときは、積雪が2.5mくらいあって、除雪もまったくされておらず、スノーシューでも無ければ立ち入ることすらできない有様だったんですが、もう4月、さすがに駐車場までは行けました。

しかし、まだまだ残雪が・・・。

20080406雪解け1

雪解けがところかまわず流れになって、雪にトンネルを作ってました。

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
設定:絞り優先オート F2.8 1/1250 0EV ISO200 WB:晴天-1




20080406雪解け2

砂防堤からの流れ落ちも水量豊かで、落ちた水が水煙を作っていました。

Nikon D80+AF-S DX ZOOM-NIKKOR ED 55-200mm F4-5.6G
設定:絞り優先オート F4.5 1/3200 -1.3EV ISO200 WB:晴天-1




20080406雪解け3

残雪の中堰堤のところまでよじ登り、壁にへばりついて、飛沫を浴びながら、堰堤から流れ落ちる水の様子を空に透かして撮ってみました。

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
設定:絞り優先オート F2.8 1/2000 -1.0EV ISO200 WB:晴天-1




20080406雪解け4

堰堤の上から下を覗くと水煙が虹を作っていました。
春だなあ・・・。

Nikon D80+SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG+PL
設定:絞り優先オート F5 1/200 -1.0EV ISO200 WB:晴天-1
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。