スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ハンノキハムシ

 2008-09-23
20080914091
ハンノキハムシ 甲虫目 ハムシ科 Agelastica coerulea
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

ハンノキハムシの名のとおり、主な食草はハンノキの葉。
だが、撮ったのはシラカバ。
調べてみたら、シラカバも食べるらしく、ハンノキハムシによるシラカバ食害というのはけっこう問題に生っている地域もあるらしい。
腹部の後半がきれいに丸くなっているダークメタリックでちょっぴり触覚が長めななかっちょいいハムシ。

そろそろハムシがいたるところで交尾をする時期かな・・・。
昨年の今頃からヨモギハムシを毎日のように観察していた記憶が(笑)

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/80秒-F/9 -1.0EV ISO200 RAW SILKYPIX
スポンサーサイト
タグ :

擬態

 2008-09-23
20080914096
ツチイナゴ バッタ目 イナゴ科 Patanga japonica
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

んー・・・ツチイナゴだろうか?
じっくり調べている時間がちと無いもので。

こういう擬態もありか。
枯れかけた山のアジサイの白とピンクと茶色に上手く溶け込んででおりまする。
山には、まだこれから本格的に開こうかというようなアジサイもありました。
アジサイってなんだかんだで長い期間見られる植物だ。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/640秒-F/6.3 -1.0EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :

不明カメムシ

 2008-09-16
20080914147
不明カメムシその2
すみませんじっくり調べている時間が無いもので・・・。

アオクサカメムシあたりかと思っていたんですが、調べれば調べるほどわからない。
エゾアオカメムシの幼虫によく似ているんだが、エゾアオカメムシは複眼が赤いように思う。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけるとありがたく。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/125秒-F/9 -1.0EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :

不明カメムシ

 2008-09-16
20080914154
不明カメムシその1
すみませんじっくり調べている時間が無いもので・・・。

渋い色合いの綺麗なカメムシ。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけるとありがたく。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/400秒-F/8 -0.3EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :

寝ぐせ

 2008-09-16
20080914043
ウグイス? かな?

flickrの方に現像の終わったのを上げておいたら、ひながたやさんが『寝ぐせを直せ』とコメントをくれた。
うん、とりあえず寝ぐせをなおして出直してきなさい。
Q太郎みたいな髪型だよ。

これも栂池自然園。
灌木の茂みのなかでギャッギャギャッギャと騒ぐ声が聞こえたんで、どこだどこだと探して、嫁さんがちょっと覗き込んだら、バサバサっと飛んできた、いや、落ちてきた。
まだ雛なんだろう。
親を探して鳴いていたんだろうか。

私の足元でじたばたしていたんで記念撮影。
元気に育て。

Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO
絞り優先 パターン測光 1/40秒-F/13 -0.3EV ISO160 RAW SILKYPIX

タグ :

×ニセヨコモンヒメハナカミキリ⇒○ヨコモンヒメハナカミキリ

 2008-09-16
20080914028
ニセヨコモンヒメハナカミキリ 甲虫目 カミキリムシ科 Pidonia simillima Ohbayashi et
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。


*****2008.11.3 追記*****
TOGASさんからご指摘をいただきました。
ヨコモンヒメハナカミキリ 甲虫目 カミキリムシ科 Pidonia insuturata
ではないかということです。
ご指摘ありがとうございました。
***********************


『だと思うんですが』もなにも、さっぱりあっているのか自身無し。
栂池自然園付近で撮影。
初めて見たカミキリ、標高の低い場所には居ない種類なんだろうか、前翅の黒斑が鮮やか。
久しぶりにちょっとはぁはぁしながら虫を撮影した気がする。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/200秒-F/6.3 -0.7EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :

雲に遊んでもらう。

 2008-09-15
2008.9.14撮影

気が付けば1ヶ月近くも更新をサボってみたり。
あれやこれやと忙しいようなそうでもないようなで、写真すら撮ってなかった。
せっかくの連休をなんとかということで白馬あたりをぶらり。


栂池自然園。
山はめまぐるしく空の様子が変わる。
雲が沸き、流れ、渦巻き、覆い、消える。
ぽっかり青空。
20080914011
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO+PL
絞り優先 パターン測光 1/160秒-F/13 -0.7EV ISO125 RAW SILKYPIX



木々は赤く黄色く色づき始め、湿地を埋める艇水植物は倒れるものあり、実を付けるものあり。
山はもうすっかり秋。
しかし時期的には紅葉にはまだ早く、とくに見頃となる物もなく・・・。
トリカブトは綺麗に咲いていたが(笑)
次の機会には、背景をぼかさない景色が撮れるといいなあと思いながら。
20080914016
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/200秒-F/7.1 -0.7EV ISO400 RAW SILKYPIX



山小屋に忍び寄る厚い雲・・・。
2時間ほど歩いてくたばって至福の喫煙(自然園の外です)、道路に横になって空を見上げたら、真っ青と真っ白が格闘中。
20080914045
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO+PL
絞り優先 パターン測光 1/400秒-F/10 -1.0EV ISO200 RAW SILKYPIX



ちょっと豪奢なホテル(笑)に泊まってみたんで、ホテルの外観なんかも撮ってみようかと思ったが、撮ってみると思いのほかどうでもいい感じにしか撮れなくて消沈していたら、どこの神様か知らないが、夕闇に浮かぶホテルのシルエットに光と影をぶつけて遊んでくれた。
20080914057
Nikon D80+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 DiⅡ LD Aspherical[IF]MACRO
絞り優先 中央重点測光(雲のいちばん明るいところでAEロック) 1/2500秒-F/10 -1.0EV ISO160 RAW SILKYPIX



朝、嫁さんが朝風呂に行った気配で目が覚めた。
もう一度寝ようと思ったが、なんとなく外を眺めてみたら、白い峰が顔を出していた。
写真を撮っているうちにもどんどん雲が沸きはじめ、10分後には全てが消えた。
20080914073
Nikon D80+TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO1:2+PL
絞り優先 パターン測光 1/200秒-F/8 -1.0EV ISO200 RAW SILKYPIX

タグ :

 2008-09-15
20080914007
ミヤマトリカブト キンポウゲ科 Aconitum hakusanense

青く可憐な花だが、猛毒。
アルカロイド系の毒で、経口摂取の場合数十分で死に至る例もあり、解毒剤は無い。
花蜜、花粉にも毒が含まれる場合もあるらしく、養蜂家はトリカブトが咲く時期にはトリカブトが自生しているところでは蜂蜜採取をしないそうだ。

怖いな・・・。

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/320秒-F/8 -0.7EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :

ヤマトヒゲナガハナアブ

 2008-09-15
20080914094
ヤマトヒゲナガハナアブ ハエ目 ハナアブ科 Chrysotoxum festivum
だと思うんですが、間違ってたら教えてください。

このブログの始まりがこのハナアブだったと記憶するが・・・。
その後狂ったようにハナアブ類を撮った時期もあったが、ヤマトヒゲナガハナアブを撮る機会には恵まれず、いろんな昆虫や、風景なんかも撮ったりしているうちに忘れていたが、ほとんどきっちり1年ぶりにまた撮ることができた。
撮影場所はまったく違うが、標高はどちらも1,000m弱、9月。
この時期にそのくらいの標高に発生しやすい種類なんだろうか。

そもそもヤマトヒゲナガハナアブで間違いないのかもよくわからない(笑)

Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/250秒-F/6.3 -1.0EV ISO400 RAW SILKYPIX
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。