スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

風倒木

 2008-06-05
20080601風倒流木

風倒木かどうかはわからないが、小さな流れに横たわる倒木・・・いや、流木か。
苔生しているということは、それなりの時間をこの状態で過ごしているんだろう。
これが菌糸類の土壌となり、虫たちのゆりかごとなり、落ちた虫たちが魚の餌となるかもしれない。
いずれ朽ち果て、流れ、沈み、川床でまた何かを育て、育てられた生き物の骸が栄養となりまたどこかで何かを育てる。

このような倒木を森の看護婦"nurselog"というんだと開高健は説いていた。

循環。
時間はかかる。

循環型社会などと、うわごとのように言われるようになって久しいが、一瞬で結果を求めたがる人間には無理。


Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/100秒-F/6.3 -1.3EV ISO800 RAW SILKYPIX

タグ :
コメント
風倒木さんへ
「森の看護婦」って言葉初めて知りました。
素敵ですね。
前のページのサカハチチョウ、緑の葉の中に、オレンジのサカハチチョウがはっきりしていてきれいですね。
【2008/06/05 22:39】 | おおむらさき57 #- | [edit]
おおむらさきさん、こんにちは。
『森の看護婦』、言い回しは違っても、倒木にこのような意味を持たせた単語はいくつもあるようです。
『山が枯れれば海が死ぬ』とかそんな言葉もあったように思います。

この場合の”看護婦”はみんなを元気にする、面倒を見てくれるって感じ、『みんなのよりどころ』って意味でしょうかね。
好きな言葉です。

最近じゃ看護婦って言葉無くなっちゃいましたけどね(笑)
【2008/06/06 10:21】 | 唐変木 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nurselog.blog119.fc2.com/tb.php/197-3c8ba4f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。