スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

 2008-07-06
2008.7.5撮影

080705_1533~0001

W52CA マクロモード

懲りもせずにトンボとホタルの林に行ってきた。
なんちゅう暑さだ。
34℃、気象庁によると湿度は73%などと発表されていたが、林と言っても林に囲まれているだけで、散策するのはオープンスペースに広がる湿地と野原だ。
おそらく湿度は85%とかあったんじゃないだろうか・・・。
もちろんオープンスペースは燦燦と太陽が降りそそぐ日向。
立っているだけで汗が吹き出し寒気がするほど暑かった。
それを世間では熱中症と言うらしい。
ちょっぴり頭が痛い。



トンボとホタルとカエルと・・・数え切れない生き物を育てる湿地。
20080705032トンボの湿地
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/1250秒-F/4 -1.7EV ISO320 RAW SILKYPIX





正確な名前は知らないが、いわゆるシロカワラに侵されたサクラ。
老いて菌糸類に侵された落葉樹は木質がふかふかになって、甲虫の幼虫にそれを好むものも多い。
オオクワガタやコクワガタなんかのドルクスと言う種類のクワガタが特に好む。
湿地に近いんでヒラタクワガタくらいは居そうだ。
20080705068カワラタケ
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 スポット測光 1/250秒-F/4 -2.0EV ISO400 RAW SILKYPIX





多少人の手も入っているんだろう、木が切り倒され木々の間隔が保たれている。
もちろん倒された木はそのまま虫や動物のゆりかごとして放置されている。
20080705048風倒木
Nikon D80+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先 パターン測光 1/160秒-F/5.6 -1.0EV ISO320 RAW SILKYPIX



この林通えば通うほど素晴らしい林だということがわかってきた。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nurselog.blog119.fc2.com/tb.php/249-c4cf8d8e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。