スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

力の神

 2009-05-10
200905101286
Nikon D300+Tokina AT-X 107 DX Fisheye
A Multi 1/1250 F/9 -5/3EV ISO200 RAW SILKYPIX


山岳信仰というものがあるのも頷けると思った。

**追記**
【戸隠連峰】
神話の時代、天照大神(アマテラス)が素戔男尊(スサノオ 表記の仕方には諸説あるようです)の素行の悪さに
怒り、悲しみ、天岩戸(あまのいわと)に引き篭もってしまったことにより、
世は光を失い禍々しい有様になってしまった。
困り果てた八百万(やおよろず)の神が集まり相談し、あの手この手を講じる中
天宇受賣命(アメノウズメ)が岩戸の前で弾けた踊りを披露し、八百万の神はそれを見て大爆笑である。
笑い声に誘われて何事かと天照大神が岩戸の扉をちょっとだけ開けて覗いたところを
天手力雄命(タヂカラオ)が扉を放り投げて、天照大神を引き摺り出したことで世は光を取り戻した。
そのとき放り投げられた岩戸の扉が落ちたのが、戸隠だということだ。

タヂカラオは力の神として信仰されていて、腕力や筋力の象徴となっている。

※出典:日本神話のいろんな記述を読んで勝手に解釈した唐変木の脳みそ

私の目にはあまりにも峻険な峰々が襲い掛かってくるようにすら見え、美しくも恐怖を覚える山々である。
古くは、多くの修験者が修行する場所であったそうな。

こういうのを調べ始めるとけっこう止まらなくなるもので(笑)
アニミズムというか、あらゆるものに神が宿ると考え、自然を崇拝畏怖するような感じはなんとなくわかる。
畏怖や美しさを覚えるとその由来を欲しがり想像する気持ちもなんとなくわかる。
どこかしらそういう気持ちがあるから、虫ばっかり撮って、『おおー、すげー!』ってやってるんだろう・・・。
タグ :
コメント
早速に私の願いをききいれて魚眼で撮影してくださり、
ありがとうございます^^
確かに、山岳信仰があるのもうなずける一枚ですね!
中央の巨蜂を山々が包み、太陽がそれを照らす。
雲は何かが湧き上がってくるような威厳を感じます。
超広角で苦労してますので、魚眼での撮影は難しいと思うのですが、
素晴らしいお写真、ありがとうございます!^^
【2009/05/11 08:14】 | ステファン@Art Of Life #- | [edit]
ステファンさん、こんにちは。

>私の願いをききいれて
大げさです(笑)

撮った時間が昼前後で、雲や太陽が綺麗だったんですが空が霞んでいて面白くなかったので、fisheheで撮りました。
広く、周囲が流れるような感じで撮影者の小ささを含めて撮れるような気がして、fisheyeの出番が多いです。
それと、Tokinaレンズだからかわかりませんが、空の発色が嘘くさいくらい綺麗なのでよく使っています。

そもそも使い始めた理由が、虫を撮るのに、虫をでっかく、後ろに流れる背景をそれなりに撮れたら良いなあと思ってなのですが、実際はほとんどそうやって使ってません(笑)

http://www.flickr.com/photos/26457042@N07/3517774403/sizes/l/
普通に撮ったら、峰々の険しさや水面の静かな感じは見えるのですが、あんまり面白くなかったのです(笑)
【2009/05/11 09:56】 | 唐変木 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nurselog.blog119.fc2.com/tb.php/399-644d1451

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。